堤酒造 黒大豆搾り,黒大豆搾り

今注目されている!!特許取得健康飲料「堤酒造 黒大豆搾り」!!

日々の健康を維持する健康飲料として、「堤酒造 黒大豆搾り」は最近大きく注目されています。ここでは、「堤酒造 黒大豆搾り」が多くの人から支持される人気の秘密をお届けします。

「堤酒造 黒大豆搾り」の誕生

「堤酒造 黒大豆搾り」は、九州の酒蔵である堤酒造が東京農業大学と共同開発した黒豆発酵酢です。堤酒造は老舗の酒蔵として有名で、黒大豆搾りの開発については数多くの麹の中から、黒豆を発酵させる為に最適な麹の中でも選抜したものを製造に使用しています。その厳選された麹を北海道産の黒大豆発酵に使用し、誕生したお酢が「黒大豆搾り」になります。その製法に関しては、2010年10月に特許取得しており他社では真似する事のできない特別な発酵技術を確立しています。
また、日本健康医学会で過去二度に渡って「黒大豆搾り」は発表されており、2010年11月には「日本健康医学会賞」を受賞した、注目の健康飲料として人気を集めています。「黒大豆搾り」の見た目の色は真っ黒なので、外見は黒酢と変わりませんが、一般的な黒酢に比べてアミノ酸が10倍以上も含まれており、非常に健康効果の高い飲料となっています。黒豆の栄養素を損なう事なくダイレクトに摂取できるお酢飲料が「黒大豆搾り」なのです。

天然素材100%で作られている「発酵 黒大豆搾り」

発酵 黒大豆搾りの良さとは?

特許取得「アルコール化させない発酵技術」

本来、麹発酵 黒豆搾りは、黒豆焼酎を試作している際に偶然生まれた低アルコール液体で、焼酎作りとしては失敗した事がきっかけで開発されたスペシャル健康飲料になります。失敗に終わってしまった焼酎液体の成分分析を東京農業大学に依頼した際に、人間の体にとって良い栄養成分がバランス良く豊富に含まれている事が判明し、それを機に健康飲料としての開発が進み、黒大豆搾りの誕生に繋がっています。
醸造学科である穂坂賢教授と共同開発が始まり、試行錯誤した結果、アルコール化させない発酵を実現する事となるのです。こうして、体に良くて美味しい特許取得の「麹発酵 黒豆搾り」が誕生します。

完全無添加飲料を実現している

黒豆搾りの原材料は、黒豆と米麹のみと言う至ってシンプルな素材を存分に生かした健康飲料になっています。発酵される為に必要なお水には、球磨焼酎造りには欠かす事のできない球磨川の伏流水が使用されています。こうして、自然素材を生かして人の手が及ばない自然の力を利用して、何一つ添加せずに発酵させた純粋な黒豆飲料で完全無添加飲料を実現しています。なので、小さいお子様からご年配の方まで安心して飲む事ができる飲料なのです。黒豆搾りに含まれている成分は、黒豆と麹菌由来成分のみなので、一切添加する事なく造られた栄養バランスは、日本人の食生活を支えてきた発酵食品の醍醐味が感じられる飲料になっています。

黒豆搾りの原材料

豊富な栄養素が含まれている

ポリフェノール
ポリフェノールは、強力な抗酸化作用を持つ植物由来成分です。体内が酸化して錆びていってしまう活性酸素と闘ってくれるので、錆防止に繋がります。なので、老化予防にもなりアンチエイジング効果も期待する事ができます。
クエン酸
クエン酸は、柑橘類や梅干し等に豊富に含まれており、体の疲労回復効果になったり、新陳代謝を促したりする役割があります。なので、体が疲れている時に摂取すると、効果的な成分になっています。
アミノ酸
発酵 黒大豆搾り

アミノ酸と言うのは、体のパーツの主成分である皮膚、爪、筋肉、血液に大きく関係しています。こられは、主にたんぱく質からできており、タンパク質の原料はアミノ酸からできているのです。なので、アミノ酸を摂取する事で体のパーツの生成を助ける効果を発揮してくれます。

ミネラル成分
ミネラル成分には、体の機能を維持する為に必要なナトリウム、カリウム、マグネシウム、鉄等の必須栄養素が含まれています。ミネラル成分と言うのは、体内で造られる成分では無いので食事から摂取する事が大切な栄養素になっています。
食物繊維
食物繊維でも、腸内細菌にとって水溶性食物繊維は大好物のエサになっています。食物繊維によって腸内細菌が活発に活動する事で、腸の働きがしっかり機能し、体の免疫を高める事にも繋がるとされています。

「発酵 黒大豆搾り」は体に良い「クエン酸酢飲料」

クエン酸とは?

クエン酸とは、私達が味覚で酸っぱいと感じる酸味成分を指します。一般的にクエン酸が豊富に含まれている食品には、梅干し、レモン、オレンジ等があげられます。クエン酸は、白色か無色の液体となっており、水に溶けやすく熱にも強い性質を持っており、清涼飲料水をはじめ、お菓子、ジャム等の酸味料としても幅広く活用されています。

クエン酸豊富な黒大豆搾り

体内に存在するクエン酸

人間の体の中にも、実はクエン酸回路と言うものが存在しており、ある一定のサイクルを経てクエン酸が造られています。クエン酸回路は、糖質、脂質、タンパク質等の栄養素から体に必要なエネルギーを産生する代謝経路の一つとして働きを担っています。

クエン酸が体に与える効果とは?

疲労回復効果
わたしたちは食べ物から糖質、脂質、タンパク質を摂取します。これらをエネルギーに変える過程を「クエン酸回路」と呼び、この回路がスムーズに機能していると、エネルギーがどんどん作られます。クエン酸は、いわば、この回路の潤滑油のような存在。クエン酸を補給することで、疲労物質である乳酸などの蓄積を防ぐ効果が期待できます。
血流を良くする
体内の血流が悪くなる原因のひとつに、血小板の凝集があります。つまり、血液中の血小板が寄せ集まり、流れが悪くなってしまうのです。クエン酸には、血小板の凝集を抑制する作用があり、血流の改善に役立ちます。
ミネラルの吸収をサポート
体の組織や機能を調整しているミネラルは、非常に吸収しにくい栄養素です。特にカルシウム・鉄・亜鉛などは日本人に不足しがちともいわれています。クエン酸は、キレート剤として働き、これらのミネラルの腸からの吸収を高めます。
食欲増進効果
レモンや梅干しなどを口に含むと、唾液が出てきますよね。これは、クエン酸によるもの。クエン酸には、唾液や胃液といった消化液の分泌を促す作用があり、その結果、食欲増進につながります。

クエン酸は美容効果も抜群?

美肌効果
クエン酸効果

わたしたちの肌は、コラーゲンという成分が土台となり、内側から支えられています。しかし、紫外線を浴びて「フリーラジカル」という成分が発生すると、コラーゲンは傷つけられてしまいます。そのことが、シワやたるみの原因に。
クエン酸には抗酸化作用が認められており、フリーラジカルを除去する働きがあるため、美肌効果が期待できます。

ダイエット効果
『疲労回復効果』の見出しでも述べたように、クエン酸には「クエン酸回路」という体の仕組みをスムーズにする作用があり、摂取した糖質、脂質、タンパク質を効率よくエネルギーに変換する効果があります。栄養分がエネルギーに変わるということは、つまり、脂肪として蓄積される分が減るということ。結果、ダイエット効果につながるのです。

「発酵 黒大豆搾り」は酸っぱくなくて飲みやすい

一般的に市販されているお酢は、酢酸菌が発酵を行っていきますが、堤酒造の黒大豆搾りには、焼酎を発酵させる事ができる白麹によって黒大豆を発酵させて行きます。なので、酢酸菌のように酸っぱい酢酸を造るのでは無く、クエン酸をたっぷり造りながら発酵が進みます。クエン酸が豊富に含まれているお酢と言うのは、酢酸独特の鼻につく匂いや酸味が無く、逆にコクがあってまろやかな味わいの飲料になっています。加えて、「黒大豆搾り」の原料は北海道産の黒大豆と麹、この二つだけです。添加物が一切使用されていない完全無添加飲料は、こだわりの厳選原料のみを使用した、伝統酒蔵技術で発酵させた他には無い健康飲料になっています。


堤酒造 黒大豆搾り,黒大豆搾り堤酒造 黒大豆搾りをYahoo!ショッピングで見てみる